奈良 学園前

​パーソナルカラーとヒューマンデザイン

天地陰陽の法則(キレイの法則メルマガより)

January 21, 2016

1分で読めるメルマガを発行しています「キレイの法則」(無料です)私が日々感じたことなど記事にしています。こちらが本日のです。

よろしければ登録して下さればうれしいです^^。

メルマガ http://www.mag2.com/m/0001337692.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(

 

 

1月21日分)「天地陰陽の法則」

 

 

おはようございます。

昨日は今年初の大雪となりました。

この間まで暖冬だったお天気が、急な大雪。

自然は予想ができませんね。

 

今日は、先日ある運勢のプロの方から聞いた「天地陰陽の法則」のお話をしてみます。

 

最近は、女性の起業家が著しく増え、各地で女性の活躍が目を見張るほど。。

 

そんな女性が強くなった時代とはいえ、

 

自然の摂理から言えば

 

「天が男性で、地が女性」なのだそうです。

 

男性が能動的で、女性が受動的。

 

 

いくら強い女性が増えてもそれがひっくり返ることはありません。

 

天が雨を降らせば、地はそれをただ受け取ることで作物が育ちます。

 

 

 

「雨をやめてほしい」と天に怒りを叫んでも
「雨は嫌だ」とずぶぬれになって抵抗しても

 

雨はやみません。

地は、その雨がただ過ぎるのを待つこと。

傘をさしたり、軒下で雨が過ぎるのを待つ。

状況にあらがわず、その中でできることをしながら、待つ。

そうすることで、雨は恵みとなり 作物も育ちます。

つまり、

 

男性がこうだと言ったこと、決めたことに

女性はそれを受け取ることが「天地陰陽の法則」なのだと。

 

はいえ、これは「女だから黙って言うことを聞く」のとは違うのだそうです。(←ここ大切です.)

 

天という一方的なもの。

今日は雨、今日はカンカン照りの太陽、そして昨日のような大雪。。
こちらが何と言おうと、ころころと変わる天。それも一方的に。

それを

どう受け取るか、傘をさすのか、その太陽の暑さを、どうエネルギーに変えるのか・・

それは、地である女性の役目でもあり、腕の見せ所でもあります。^^

 

ただ

「いやだ~そんな雨はいらない。太陽はいらない。やめてくれ」と文句を行って拒否すると

地は干からびてしまいます。

 

 

その天を、いかに受け入れ、それを恵みに変えていくか・・・・

それによって、

自然はめぐる・・と言うことのようです。

どんな吉運でもそれを無視すれば、運勢はドンドン下降していく。

 

男女それぞれが、それぞれの特質を活かし、お互いに天と地の役目を果たすこと。

これこそが天地陰陽の法則。

もちろん天のほうも、地があってこそ、雨を降らし、太陽を照らすのだと思います。

 

昨日の雪を見てそんなお話を思い出しました。

女性が強くなった今だからこそ、この宇宙の法則は忘れてはいけないと。
(さんざん、はむかった私が言うのもなんですが(苦笑))

 

逆に言えば、強くなった女性だからこそ・・この法則にしたがい

より大きな可能性を生めるのではないでしょうか。

 

昨日も、朝のうち、真っ白だった地が、昼から天の太陽がぱあっとさしはじめ、

一気に溶けていきました。太陽の力は素晴らしいです。

そしてその太陽の光を浴びた地面や、湖は、より美しいものでした。

 

あなたのご夫婦、恋人・・とは天地陰陽になっていますか?^^

Please reload

特集記事

あなたは1日に何回鏡を何回見ますか?

June 21, 2016

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ