奈良 学園前

​パーソナルカラーとヒューマンデザイン

笑いの意外な効果

March 11, 2014

おはようございます

三寒四温の毎日ですね。
もう「春」?と思ったとたんに、雪が舞ったりと
不安定な気候が続いています。

お元気ですか?

 

寒い中でも、庭に「梅」が咲いているのを見つけました。


季節は確実に春に向かっていますね。

 

いろいろ心配をしていただいてありがとうございます。

私はいたって元気です。

 

さて今日は 「笑い」のお話を。

 

先ほど「いたって元気です」と書きましたが
身体の状態は相変わらず痛みもあり、不自由なことも
多々あります。

 

しかし気持ちが、不思議ですが
以前より、比べ物にならないくらい 穏やかで幸せなのですね

痛みも障害も、不自由ですが不幸ではない・・というところでしょうか。

 

 

そんな私が最近行っている事。
それが「笑う」ことなんですね

楽しいとき、嬉しいときに笑う。。
これは誰でも出来ることですが
そうでないときに「笑う」

これは最初は、ちょっとした努力が要るかも知れません。

 

私は「痛いとき」「辛いとき」(←最近はあまり辛いときは無くなってしまいましたが)
心して「笑う」ようにしてきました。

わけも無く声を出して笑ったり
口角をあげてみたり。

一度、だまされたと思って、今、声を出して笑ってみてください。

なんだか幸せな気分になってきませんか?

 

「脳」は簡単にだませます。
笑うことで
脳は「あ、なんだか楽しいんだな」と勘違いして
幸せホルモンを出してくれるんですね。

笑いはタダです。

そして、笑っていれば、周りにもそれは伝染しますね。

世界中が笑顔でありますように・・・

Please reload

特集記事

あなたは1日に何回鏡を何回見ますか?

June 21, 2016

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ