奈良 学園前

​パーソナルカラーとヒューマンデザイン

女性は大事にされる生き物だと思う

August 13, 2016

アメリカに旅行に行った友人が

「アメリカってレディーファーストがすごい!」と 

感動しながら話してくれた。

3歳の女の子でも、80歳のおばあちゃんでも、

女性に対しては、当たり前のようにドアを開け、女性を先に通すんだそう。

女性の方も、それが当たり前じゃあなく

「サンキュ〜」と可愛くお礼を言うんだそうだ。

 

 

そして、ホテルのディナーやショーの時は、

女性は どんなに太ってても、どんなに歳とってても

身体のぴたぴたの派手なドレスで

思い切りおしゃれを楽しむ。

 

日本人は、そんな場でも地味なんだって。

 

「アメリカの女性って、女性を謳歌しているって感じ。

多分次に生まれてきた時も女性になりたい!って思うのだろうな」

 

友人がふと言った言葉が、みょうに私は突き刺さった。

日本人の女性って、「次は絶対男に生まれたい」って思う女性が多いそう。

 

だって、日本の男、女性を大切にしてる?大切にする方法を知ってる?

女性がいたらドア開ける?優しくする?

 

パートナーを大事にしてる?

 

私、過去に数千人以上、女性のお客様や生徒さんと話したけど

ほとんど旦那さんに不満持ってた。「大事になんかされない」って・・

 

本当は、女性は大事にされ、大切に大切にされるために生まれてきたと思う。

女性が心底大事に扱われた時、、女性の身体から、いらない力が抜け、そして

みんな例外なくマザーテレサになれるくらいの女神性持ってる。

 

それが出ないのは、男性が大事に扱ってないんだと・・

私は思う。

 

でも、男性だってその方法を知らないだけ。

昭和時代の自分の父親や、周りの情報で、「女にはこうするもの」と思い込んだだけ。

 

本当に優しさ。女性への優しさを知ると・・

男性も女性も劇的に変わるんだと思う。

そんな世界が

きっと来る。

 

 

男も女も幸せになるための メンズのための女性の愛し方レッスン。

独身のかたのために・・

既婚のかたのためには夫婦円満コースを。

 

そんなことをやってみようかな〜と思い始めてます。

 

 

女性が愛されて幸せになれば、男性も、家庭も、社会も、そして世界も地球も

そのエネルギーは循環するはず。。

 

 

明後日発行の、「貴女が輝けば世界が輝く」(大隅書店発行)の有料メルマガにも

先月、今月と、男と女の愛し方、愛され方・・を

書いています。バックナンバーもお読みいただけます。

 

メルマガはこちら  

 

 

Please reload

特集記事

あなたは1日に何回鏡を何回見ますか?

June 21, 2016

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ