奈良 学園前

​パーソナルカラーとヒューマンデザイン

置かれた場所で咲きなさい

October 23, 2016

 この言葉は今の私のマイブーム。

 

「置かれた場所で咲きなさい」

 

これは、ベストセラーになった 渡辺和子さん(ノートルダム清心理事長)の本のタイトル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者の渡辺和子さんも、若い時に、清心の学長に抜擢され苦しかった時に

 

 

『Bloom where God has planted you.(置かれた場所で咲きなさい)

 


置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。

 


咲けない時は、根を下へ下へと降ろしましょう。』と言われたことで

 

 

人生が変わられたと書かれてあります。

 

 

 

 

 

気に入った場所、気に入った環境から、違う環境へ 意思とは関係なく

 

身を置かなければならないこと・・ありますね。

 

 

 

 

会社員なら 急な転勤、移動。 結婚している女性なら

 

その夫の転勤によって、今まで、親しかった友達や 仕事すら 手放さざるをえないこともあります。

 

希望大学に入れず、不本意な学校に行くこともあります。

 

 

 

 

 

 

人やものとの別れ、手離しを強いられます。

 

 

 

 

 

 

「長年きづきあげたもの」が一瞬にして、物理的に 切り離されます。

 

 

「あそこにいさせすればもっと・・」

 

 

「あの場所だったら、もっとできたはず」

 

 

「離れなければもっと良かったはず・・」

 

 

手放す苦しみ、新しい場所での苦しみ。。

 

 

 

 

 

それでも、その場に置かれる・・ということは

 

 

その場で咲く必要があり、

 

 

その場で 「咲ける」からこそ、その場に置かれるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

最近、私は数年ほったらかしだった自宅の庭にお花を

 

少しずつ植えています。

 

 

固い土地をまずほぐし・・耕し・・

 

 

そしてそこに種や球根を植える。

 

 

すぐに芽が出るものと、春まで芽が出ないものがあります。

 

 

 

球根は、冬の寒い時期を越えなければ 芽が出ないそうですね。

 

 

寒い冬を越し、寒さを味わうからこそ春に花が咲く。

 

 

 

 

まさに、芽が出ない時は、下に下に根をはる・・と言うこと。

 

根がしっかりしたお花は どんなに美しいのでしょう。

 

 

 

 

 

 

我慢をするのではなく、

 

その場で出来ることを

 

精一杯しながら、時期を待つ。

 

 

 

最近、始まった 天海祐希さん主演のドラマ。『シェフ〜三つ星の給食」

 

 

 

 

 

これを見ているとなんとなくこの言葉を思い出します。

 

 

 

ドラマの話はまた次に。

 

 

 

 

 

置かれた場所で咲くこと。

 

 

 

 

置かれた場所で咲けない時は、根を下に下に・・・。

 

 

 

根を下に貼る・・ってどういうことなのかなと

 

 

「地道な努力」?

 

 

私は、

 

 

それは、今目の前のことを味わい

 

それが、人であれ、ものであれ、出来事であれ

 

味わい大切にすることなのかなと思います。 

 

 

 

 

 

あなたはどう思われますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

あなたは1日に何回鏡を何回見ますか?

June 21, 2016

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ