あげまんとさげまん その2

この間 あげまんとさげまんの話を書いたら

思いがけず反響が多かったので

また 続きを書いてみよう〜〜〜と思っていたら

たまたま今朝 聞いた

こばやしまどかさんのポットキャストで↓

http://madocastyle.com

心屋仁之助さんがゲストで

あげまんとさげまんの話をしていました。

心屋さんの話は、講演会やBトレ、本でた〜くさん読んで知ってるけど

改めて聴くとやっぱり面白い!

特に今回の こばやしまどかさんは、本当に「聴く」ことがお上手。

(多分天性)

(本田健さんの ラジオDEAR KENでも 私たち視聴者が「あ、それ聞いて欲しい」って

思うことを 代わりにインタビューしてくれるので

聞いたことがない方、心屋さんのお話を聞いたことがない方も

ぜひ楽しく聴けると思います

http://madocastyle.com

心屋さん曰く

あげまんの女性は

「わがまま、好きなことしかしない、男に尽くさない」

いわゆる 

「自分を殺して我慢して 周りに尽くす」女は さげまん。

 男のやる気を削いでしまう。

前回の 本田健さんのおっしゃることと やっぱり共通点がありますね〜

「ゲスな女が愛される」って本には、もっと細かく書いてます。

心屋さんが、今のようになられたのも「あげまん」の奥様のおかげだとか。

ゲスの極み?みたいだった奥様が(最初は大喧嘩の連続だったそうですが・・)

いるから今の心屋さんがいる。💛

女が尽くして、やってしまうから

男は ダメになっていく。

つまり男をダメにする

ダメンズメーカー(^^;;

男はもともと 助けたい、役に立ちたい本能があり

そこを発揮させることができる人

それが あげまん!

いや〜どうですか?

いつのまにか

さげまん、ダメンズメーカーになってませんか?

我慢しない。

好きなことする。

嫌なことしない。

いい人にならない。

媚びない。。。

ゲスい女になる!

尽くさない

(多分、そう心からしたい時は

したらいいんだと思います。

したくないのに尽くさないってことだと)

いや〜

昔の人(女性)が聞いたら

卒倒しそうですけど(笑)

女性が 我慢しないで ハッピーでいれば

勝手に男性もハッピーになるのね。

なんだ

簡単(^ ^)。

多分ね。

我慢してでも嫌なことやってしまうのは

そこに

「怖さ」があるんだと思う。

「これをしていないと愛されない」

「これをしてさえすれば愛される」・・・という勘違い。

もっと言えば、

「家事をしているから 家に居られる」みたいな・・

セルフイメージ。

それ違う。

あなたはそのままで

何もしなくても

超ゲスくても

愛される!!

いや・・もうすでに愛されている。

って

思えなくても

今日から

そう思おう!

自分がそう決めることで世界が変わる。きっとね。^^

女性はお花。

バラの花が

「何かしなきゃ愛されない」って

思ってないもの。

ダメンズメーカー バイバイ。

ゲスい女ばかりになって 

すごい能力が発揮されたメンズが

いっぱいになって

ん〜ハッピーな世の中〜♬

勇気がいる?

最初はそうかもしれません。

やってみて

離れていく人・・・

それはきっと

一緒にいなくてもいい人

一緒にいてもしんどい人

だからそれはそれでいいんだと

思います!

ありのままの私。

何もできない私。

ポンコツの私。

ゲスい私。

でも 一緒にいたいよ。

っていう人と

一緒にいる。

それが

いい女!

そして

結果・・

あげまん。

なろうと思ってないけど そうなってる。

かなって 私は思います💛

(私の目標↑:何もしなくても、媚びなくても

その存在だけで 悪さしても寝てても 愛されてるうちの🐶。)

http:akipromotion.com


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square