奈良 学園前

​パーソナルカラーとヒューマンデザイン

罪悪感で自分を責めてしまう人へ(ヒューマンデザイン)

March 2, 2018

今日と先週は、ヒューマンデザインの講座を オンラインで受けていました。

 

今、私はヒューマンデザインの基礎講座(リビングユアデザイン)を教えるLYDガイドです。

 

 

こんどは 個人個人の深いリーディングができるための「アンバサダー」という新しい資格の

 

ための講座です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回受けても、何回聞いても

 

「うんうん!」と前のめりになってしまう、やはりヒューマンデザインは楽しい♬

 

朝の10時半から 夜の18時前まで。

 

本当は長時間のはずなのに、あっという間です。毎回。

 

毎日でも受けたいわ 笑 (どんだけ好きやねん・・・💛)

 

 

 

 

 

いつも思うのは、

 

自分のデザインを知れば

 

どれだけ罪悪感を持たない人が増えるだろう!

 

どれだけの人が楽に生きられるんだろう!

 

このままでいいんだ!って自分のことを許せたらどれだけハッピーだろう!

 

 

 

 

例えば 「自分勝手」「わがまま」「自己中」「ナルシスト」「好きなことしかしない」「憂鬱」・・・って

 

「悪いこと」「治すべきこと」って親や学校で習ってきた。

 

だからそういうことをすると「罪悪感」を持ってしまう。

 

 

 

常に笑顔で明るく、人のことを考えて、人のために尽くしてことが美学・・・・

 

 

それって・・しんどいときありません?

 

 

なぜなら あなたの取説と、違う生き方だから!

 

 

 

 

、、このヒューマンデザインを学ぶと

 

それらをすることで、それが人の役に立つ・・

 

それが使命っていう人もいるんです。

 

 

 

 

憂鬱だからこそ そこから創造性が生まれたり 

 

わがままだからこそ、そこに人を感動させる役の人もいて

 

自己中の姿を見て他人が 勇気付けられることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がどういう役割を持っていて、、そして

 

その正しい使い方さえわかれば、、

 

 

 

 

「それって人の迷惑でしょ!」「普通、それはダメでしょ」ってことが

 

 

 

「すごい!勇気がもらえた!」と180度変わる。

 

 

 

その使い方。その自分という車の運転の仕方。取説・・・が

 

ヒューマンデザインの中に たっぷり入ってる。

 

 

 

特に 小さいおお子さんがいるお母さんに

 

お子さんのデザインを知ってもらいたい。

 

 

 

 

多数決や 学校でイイ子に見えるように育てるんじゃない。

 

親の都合のイイように育てるのでもない。

 

 

 

 

その子がその子らしく、罪悪感を持たず、のびのびと

 

その子を 生きられるように

 

できるのは親の役目。

 

 

大人もね、

 

何歳になっても 「知った」時が 本来の自分に戻る時。

 

 

本当の似合う色を知る「パーソナルカラー」同様に

 

本来のあなたに戻り、本来のあなたを好きになる・・ヒューマンデザイン。

 

 

 

世界中の人が「自分のこと好き!」ってなったら

 

世界はどれだけ輝くんだろう!

 

 

どんどん伝えていきたい〜と 前のめりの私です💛

 

 

 

 

 

 

http://www.akipromotion.com/contact

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

あなたは1日に何回鏡を何回見ますか?

June 21, 2016

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ