奈良 学園前

​パーソナルカラーとヒューマンデザイン

パーソナルカラー診断に誤審はあるのか・・

May 20, 2018

先日「パーソナルカラーの誤審ってあるんですか?」という

 

お問い合わせが 初めての方から

 

ありました。

 

お電話でお話した後・・

 

「それについて ブログに書きますね」とお約束したので

 

今日は 久しぶりにパーソナルカラーについてのお話をしますね。

 

 

 

 

その方は、 

 

「某スクール、某サロンで 二回 パーソナルカラー診断を受けたのだけど

 

どうしても納得できない。誤審だと思う。

 

それ以来、どうも気分が悪くて・・・ 

 

パーソナルカラーの誤審ってあるんですか?

 

ネットで調べたら そちら(私ですね)は長くされてると見たので、

 

それを聞きたくて」と

 

お問い合わせいただきました。

 

 

 

 

では・・・

 

その答えです。

 

 

その診断したアナリストさんにとっては、それが正解です。

 

(あなたにとって正解かどうかはわかりませんが・・)」

 

 

 

たとえ、たった1日 パーソナルカラーを勉強したアナリストが

 

「あなたは 春タイプですね」と言ったとしても・・・

 

たとえ、化粧品メーカーで 2時間程度の研修だけを受けただけの人が

 

「あなたは ピンク系のファンデが似合いますね」と言ったとしても・・・

 

それは、その人にとっては 正解なのです。

 

 

 

 

 

 

ただそれが、

 

そのクライアントさんにとって

 

有益であるか、どうか・・・は また別ですね。

 

ですから

 

「あなたの目的」で アナリストさんを選んで 診断してもらってください」

 

ということです。

 

 

 

 

 

あなたは 今 少々お金が高くても、時間がかかっても

 

フルコースのレストランで ゆっくり時間をかけて こだわりのディナーが

 

食べたいですか?

 

いや・・・とりあえず お腹が空いているので、さっさと

 

ドライブスルーの簡単な ハンバーガーか

 

コンビニのおにぎりでいいのか・・

 

その目的です。

 

 

 

 

これはコンビニのおにぎりが悪くて フルコースがいい・・・という

 

訳ではありません。

 

 

要は、あなたの 希望にあうことが一番です。

 

 

 

 

とりあえず洋服が買いたいので、

 

簡単に背中を押してもらうためには

 

デパートや 化粧品店にいる方に

 

指導してもらったらいいでしょう。

 

 

その方々にとっては

(あなたの似合う色を正確に診断することがどうこうではなく)

 

「商品をオススメして売る」

 

ことが正解なのですから。

 

 

 

 

 

 

本格的に じっくりと診断をしてほしい。自分を変えたい。

 

人生を変えるほどのことを真剣に知りたい・・・のであれば

 

そういうアナリストさんを探してください。

 

HPや その方の経歴などを見て

 

あなたと相性と目的のあうアナリストさんに

 

診断してもらうといいと思います。

 

 

 

 

 

 

私は、パーソナルカラーアナリストの資格を1992年にいただいたので

 

もう26年になります。

 

 

過去・・・数千人のお客様の色をみせていただきました。

 

パーソナルカラーの診断って・・・

 

一生を左右する とても大きな出来事だと思ってやっています。

 

いわば

 

「開腹手術」みたいな・・

 

 

 

 

 

「本当のあなた」という赤ちゃんが

 

生まれてくるのです。

 

そのためにお腹切るわけです。

 

(実際に切らないですよっ)

 

あなたの本当に向き合うのです。

 

 

 

〇〇年も生きてきた経験を取っ払うほどの

 

大変化をするのです。

 

それが5分10分でできるわけはありません。

 

 

 

 

 

 

色ってね。

 

みんなごまかしてます。

 

本当の自分を見たくない。だから

 

「黒」を着ます。

 

 

 

 

 

黒を着ていれば、隠せるからです。本当のあなたを

 

隠せるのです。

 

だから 喪服が黒なのも 理解できますね。

 

 

 

でも 黒が似合う人って ほとんどいません。

 

(冬タイプだけです)

 

 

 

 

 

時間をかけてパーソナルカラー診断をして

 

「あなたは・・淡いパステルの色がお似合いですね。

 

それもピンクがとても魅力的です・・そして

 

生地は・・ヘアスタイルは・・・・」と細かくお伝えしていきますが

 

(↑それが開腹手術)

 

 

その時に、痛みが生じる場合があります。

 

 

「いや・・・ピンクだけは嫌です」

 

「パステルは元気なく見えて嫌」

 

「そういうのは普段選ばない」

 

「昔、母が そういうのはダメだと言ったので・・」

 

「昔付き合ってた彼氏が そういう色が嫌いで・・」

 

 

等々・・・・心が乱れ始めます。

 

色ってとても正直で、

 

あなたの心の 痛みも 見えてくることがあります。

 

 

 

 

そこで「そうですか。ではいつも通りにしておきましょう」で

 

終わってしまったら

 

開腹したままほっておくようなものです。危険です。

 

だから、私は、軽く色を提案したり、無料体験を一切しません。

 

 

 

 

 

「なんでその色が嫌になったのか・・・」

 

 

「なぜいつも パンツスタイルしか着ないのか・・」

 

 

 

大っ嫌い!は・・実は とっても大好きの裏返し。

 

 

 

 

 

じっくりとお客さまと向き合い・・・

 

少しずつ 心の痛みや コンプレックスと向き合って

 

その色を受け入れられるまで 寄り添っていきます。

 

 

 

 

 

「あ、そういえば子供の頃・・・〇〇の理由で

 

この色が嫌になったんだった」

 

「私・・こんな風に見られたいと思っていた・・・」

 

「本当は 女らしい洋服好きだった・・・」

 

 

 

 

いろんなことを

 

気づき・・・涙する人もいます。

 

数日・・人によっては数ヶ月・1年・・かかる場合があります。

 

 

 

そしてやっとその色が受け入れられた時

 

本来の あなたの輝きが にじみ出てきます。


 

 

バラにはバラの・・・

 

マーガレットにはマーガレットの・・・

 

ラベンダーにはラベンダーの・・・輝きが・・

 

 

 

そこまでが

 

パーソナルカラーアナリストのお役目だと

 

私は思っています。

 

だから、

 

今、うちに来てくださるお客様や生徒さん、

 

もう20年・・・10年・・・のお付き合いの方が

 

たくさんいます。

 

一生をかけて 「本来のあなた」に戻る旅。

 

私は 先生ではなく、

 

一緒に 同じ方向に向かって 「人生」という旅を歩むガイドでありたい。

 

旗持って「こっちですよ〜〜」って💛

 

 

 

 

 

 

 

最近は、あまり勉強も経験もない方が 簡単に人寄せで

 

パーソナルカラー診断をする人が世間一般に増えてきて

 

そういうものあって

 

最近、パーソナルカラーについて書くことも

 

嫌になってました 笑

 

 

 

 

 

私にとって

 

パーソナルカラーって

 

壊れ物のクリスタルのように

 

大事な大事に扱いたい・・とっても聖域で・・

 

愛すべき 存在です。

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ  今では

 

ヒューマンデザインという内面からのサポートもできるようになって

 

やっと

 

内からと外から・・トータルであなたが 「元々の本物のあなた」にも戻る ガイドが

 

できるなと

 

26年目にして思っているところです。

 

これがあれば 

 

きっと以前の半分以下の時間で

 

 

あなたのパーソナルカラーも

 

あなた自身も

 

あなたがずっと、見ないようにしてきた 「痛み」も

 

受け入れてくださる 確信があるからです。

 

 

 

 

なので

 

「本当の自分とか 本質の・・とか そういうのはいいので

 

とりあえず 綺麗に見える色をさっと簡単に教えてくれればいいの」

 

という方には

 

私のセッションは不向きです 笑。

 

 

 

 

 

真剣に、THIS IIS ME (これが私だ!)を知りたい方

 

そして、本気で 本当の自分に戻って

 

自分らしく生きるんだ!という

 

覚悟のある方だけ

 

お越しください。

 

 

私は本気で サポートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

「パーソナルカラーの誤審について聞きたい」と

 

お電話くださったお客様。

 

 

答えになりましたでしょうか。

 

 

 

「誤審」かどうか・・・・

 

 

あなたが その診断を受けた後

 

胸の奥底から

 

幸せが溢れ出ているかどうか・・・

 

それが誤審か そうでないかの見極めではないでしょうか。

 

 

 

あなたがあなたの目的にあった カラーアナリストさんと

 

お会いできることを 願っています💛

 

 

AKIPromotion  

 

 

 

 

https://ameblo.jp/akipromo/entry-12375908945.html

 

 

 

Please reload

特集記事

あなたは1日に何回鏡を何回見ますか?

June 21, 2016

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ